オハナの散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 王国4

<<   作成日時 : 2010/06/03 21:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

タニタ食堂と一緒に買ったもの





王国〈その4〉アナザー・ワールド
新潮社
よしもと ばなな
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る







もうずっと中学生の頃から読み続けてる
よしもとばななさんの最新刊


ちなみによしもとばななさんのことは、
心の支えすぎて
活字で呼び捨てになんてできません つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


まだ二度目の読み直ししてないので、
感想を言える状況じゃないのですが、書きたくてw




ここ一年くらいずっと考えてることが、
ピッタリと今回のテーマ(いうか王国シリーズそのもののテーマ?)と合っていて、
「そうかー・・・やっぱりそうか・・・」と
一人静かに頷いてしまった


この本を読んでいるとき、
ここ最近の疲労がピークに来ていて、
もしくは楽しみにしすぎて待てなくて、
相方に頼まれたiTunes→CD焼きをしつつ、レーベル印刷しつつで
落ち着きなく、読んだのがいけなかったのか・・・・w

半分くらいしかちゃんと読めてなかったと思う

それでも読んだ後、合点がいくってこういうことだよなって
目の前が明るくなった気がした


こうやっていま思い返して文章にしてるだけでも、
ほんわか幸せだw




作者が伝えたいと思っていることを
リアルタイムで受け取れることは、なんて幸せなんだろう
そして、年を取ったからこそ、それを理解できることの幸せ
やっぱり年を取っていくっていいです、好きですw
嫌だなぁーっていう経験もあってよかったw

中学の頃に読んだ「アムリタ」は
作中の空気とか雰囲気になんとなく惹かれて、
何度も何度も読み返したけど、
やっぱり分かってなかったかもーって、今、思うからw




半年くらい前に
王国シリーズの1〜3を何気なく読み返していて
その内容に自分でビックリ

そりゃあ、王国3の読んだ記憶が薄いはずだ・・・・
主人公の置かれてる心理状況と
よく似た状態にその頃の自分がいたんだもの・・・w
読みながらうっすらと
「ああ・・辛いなー・・痛いなー・・・」と感じたような記憶はあるw

そしてそれを苦笑いだとしても、言える今があることが
幸せだと思うのです


王国4も、もう何年もしたらまた違った角度で読めるのだろうか
理解できるのだろうか
それはそれで楽しみだなぁw



自分は
この文章はどーのこーのとか
構成がどーのこーのとか
世界観がどーのこーのとか
書評じみたことは一切できないし、
そもそも好きなものしか読まないので、
この記事をアップしたところで
興味を持ってくれる人がいるかどうかもわからない
ましてや共感もほとんど求めてなかったりする


よしもとばななさんの作品に対して
熱く感じる部分はある


いっそ本人に手紙でも書けばいいのにって思う反面、
恥ずかしくてそんなことデキネーよ!
って逃げ出しそうになるので、
ブログでつらつらと書いた次第でありますw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
王国4 オハナの散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる